藤井寺市の工務店。松原市、羽曳野市、柏原市の新築、改装、リフォーム、耐震工事はお任せください

松下工務店

  • 072-953-1043

会社案内

#

コラム

大阪で耐震診断・住宅のリフォームをお考えならポイントを押さえた施工を行う【松下工務店】~耐震診断の対象となる建物とは~

耐震診断はすべての建物が対象になる?
耐震診断はすべての建物が対象になる?

耐震診断と聞くと、すべての建物が対象と思う方も多いですが、実はすべての建物に義務付けられているわけではありません。現行の耐震基準を定める建築基準法は1981年6月1日に導入されたもので、耐震診断が必要な建物はそれ以前の基準で建設された建築物になります。

木造住宅の耐震基準は災害のたびに改正がすすみ、2000年には地耐力に応じた基礎構造が規定されたことで、地耐力の調査が義務化になりました。そのため、同じ木造住宅でも2000年6月以降の住宅(木造)は現行の耐震基準に則って建てられていることから、耐震診断の必要はありません。(ただし、新耐震基準の建物でも劣化を懸念する場合は耐震診断を行うケースがあります。)

大阪で耐震診断・リフォームのご相談は【松下工務店】へ

大阪で耐震診断やリフォームでお悩みなら、創業110年余りの実績と信頼を誇る【松下工務店】にご相談ください。地震に耐える力が足りない建物に関して、住宅のどの部分が地震に弱いかを的確に判断し、弱い部分を集中して補強します。工法は住宅によって異なり、お客様の住宅に適している方法で耐震補強・リフォームを行います。

基本的に、住宅はそのときの建築基準法に適合して建てられているため、すべての部分が必ずしも弱くなっているわけではありません。【松下工務店】では、お客様からの相談をもとに全体の耐震性を確認いたします。耐震診断を大阪でお考えならお気軽にご連絡ください。

大阪で耐震診断の後に行う耐震補強の工法・リフォームのポイント
大阪で耐震診断の後に行う耐震補強の工法・リフォームのポイント

大阪で耐震診断・リフォームをお考えなら【松下工務店】をご利用ください。耐震補強のポイントは、住宅の弱い部分を集中的に補強することです。住宅のバランスが悪い場合も、筋違いの足りない方向にだけ新たに筋違いを設置したり合板などを用いたりすることで、耐震性を高めます。

また、接合部分が弱い建物には制震ダンパーを用いて接合部分にかかる地震力を吸収するなど、工法も様々です。住宅の耐震補強・リフォームの際は、ぜひ【松下工務店】にお問い合わせください。

お役立ちコラム
大阪で耐震診断のことでご相談なら【松下工務店】
社名 松下工務店
所在地 〒583-0012 大阪府藤井寺市道明寺6-12-33
TEL 072-953-1043
URL http://www.matusitakoumutenn.com